スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】 小学校の運動会

昨日、5月27日金曜日、こども達が通う小学校の運動会があり、見に行きました。

日陰にいると風が少し肌寒く感じ、陰ったり、日が照ったり、変な天気でしたが、雨も降らず、最終的には快晴の運動会日和でした。

今の運動会は、こども達が通う小学校だけなのかも知れませんが、「競技」と「表現」という二つにカテゴリーが分かれており、

競技 = 徒競走、玉入れ
表現 = タンバリンを持ってのリズムに合わせたダンス

という感じでした。


こども達二人とも徒競走はビリでしたが、二人とも体格は学年で一番小さいくらいのため、この年齢(2年生)の徒競走だと仕方ないと思います。

頑張って走っている様子はなかなか様になっているように見え、体格が他の子同じくらいになると、結構走るのも早くなるのではないかと感じました。


今までなんとなく「うちのこども達、どんくさいなー」と思っていたのですが、リズムに合わせたダンスはすごく器用にしていました。周りの子たちと比べても、大きく振りつけて頑張って踊っていて、いい感じでした。


玉入れは、落ちている玉を探してい右往左往している状況や、投げた球が全くカゴに届かず、直線距離的には2メートルほど前にポテンと落ちている状況が、

「うちの子らしいなー」

と微笑ましく思って見ていました。


そう考えると、うちの子たちは「人と直接競争する」という部分で、少し控え目な部分があるんだろうなーと思います。まぁ、体格の面でこういう部分が少し奥手になるのは、今は仕方ないと思っています。


運動会って、小さなこども達が頑張っている姿がとても感動的で、自分のこどもじゃない子たちを見ていても、徒競走やリレー、団体競技、組体操などで頑張っているのを見ると、その子の親の気持ちになってしまい、目頭が熱くなってきます。

特に、うちは男の子がいないので、「徒競走に負けたくない世代」の高学年の男の子が徒競走などで頑張って走っているのを見たり、その子を応援している親御さんなどを見ると、本当にジーンと来ます。


そういえば、今年は綱引きがなかったり、組体操の塔の高さが去年より2段くらい低かったり、何かあっさりした印象がありました。

去年は学校が設立60周年とかで記念回だったからとか、今年から校長先生が変わったからとか、何か事情があるのかな・・・と少し勘繰ってしまいましたが、本当にいいイベントでした。ただ、この2~3週間くらい腰痛がひどく、腰にはきましたが・・・


あと、ある団体競技で↓が使用されていたのですが、





こう改めて聞いてみると、すごくカッコいい曲だなーと痺れます。ただ、今の小学生は絶対に知らないと思いますが(笑)


関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Twitter

今までの入場者

プロフィール

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブクログ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。