スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【投資信託】 SBIアセットマネジメント『EXE-i(エグゼアイ)』シリーズの購入を開始

つい最近、ニッセイアセットマネジメント『ニッセイ外国株式インデックスファンド』をスポット購入し、来月から積み立て購入をしようと思っていたのですが、

「新興国株式のインデックスファンドも買いたいなぁ・・・」
「何でニッセイAMは新興国株式のインデックスファンドがないんだろうなぁ・・・」
「eMAXISの新興国株式インデックス買おうかなぁ・・・」
「どうせ積み立て購入するなら同じシリーズの投信でまとめたいなぁ・・・」

と、正直煮え切らない状態でした。(同じシリーズでまとめたいというのは全く合理性のない願望なのですが・・・)

で、たまたまある投資家ブロガーの方のブログを見ていると、その方がSBIアセットマネジメントの『EXE-i(エグゼアイ)』シリーズを購入していたので、少し調べてみました。

SBIアセットマネジメント EXE-i(エグゼアイ)

今までSBI証券のバナー広告などで見て、そういう名前の商品があるのは知っていたのですが、「どうせワケの分からんアクティブファンドだろう」と思い込み、具体的に中身を調べたことがありませんでした。

調べてみると、

・同種のインデックスファンド(eMAXISやSTAM等)より信託報酬が安い。
・昨年5月の設定以来、順調に資産が増えている。
・買いたいアセット(先進国株式、新興国株式)が揃っている。
・「グローバル中小型株式」という面白そうなアセットがある。

という点で、すごく興味を持ちました。また、

・ETFを組み合わすことで各インデックスへの追従を狙う。

というやり方も、世界にどんなETFがあるのか個人的に勉強にもなって面白そうだなと感じました。

ETFの組み合わせということは、個別銘柄で構成する場合ほど売買手数料がかからないということでしょうから、そういう部分で信託報酬を抑えられるということなんですかね。しかも低コストで定評のあるETFで構成されているようですし。

ちなみに、この「ETFを組み合わす」という手法が「インデックスファンド」の定義から外れるようで、厳密には「インデックスファンドではないパッシブファンド」なんだそうです。ま、そんなのどっちでもいいですが・・・


あと、商品紹介のあるページに面白いことが書いてありました。

はじめてのEXE-i(4)EXE-iの新しい“かたち”

↑の中で、

「EXE-iが、一般的なインデックスファンドと違うのは、厳密にターゲットインデックスに連動することを目標にしていないことです。」

「趣味のように連動率・乖離率にこだわるのは機関投資家だけで十分であり、投資家の求めるものは、希望する市場からの平均収益を得ることであると考えるからです。」

とあって、ちょっとレトリックに寄っているなとは思ったのですが、要は「名より実を取る」ということなんですかね。もしかすると、「連動率や乖離率の微調整といった面倒臭いことはやりません!」という開き直りなのかも知れませんが・・・


ちなみに、私が買うことにしたのは、

・EXE-i 先進国株式ファンド
・EXE-i 新興国株式ファンド
・EXE-i グローバル中小型株式ファンド

の3本です。毎月各1万円ずつ積み立てます。
それと引き換えに、ニッセイAM『ニッセイ外国株式インデックスファンド』の定期積立は取り消しました。


関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Twitter

今までの入場者

プロフィール

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブクログ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。