スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ふるさと納税】 初めてのふるさと納税

7月下旬に、↓の本を買い、ふるさと納税を検討し始めました。


完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活
(2014/04/17)
金森 重樹

商品詳細を見る


正直、最近まで所得控除というものが良く分かっていなかったのですが、ふるさと納税の節税効果に関しては、


「納税(実質は寄付)した額を、ある上限までに限って、課税所得から差し引くことが出来る」

「課税所得が下がるので、課税所得にかかる税金(所得税、住民税)が下がる」


というイメージだと思っていて、「節税効果なんてたかが知れているなぁ」と思っていたのですが、これは大きな勘違いで、以下のサイトに分かりやすく説明があるのですが、

ふるさと納税 特産品 情報局

実際には、


「納税(実質は寄付)した額を、ある上限までに限って、課税所得にかかる税金(所得税、住民税)から差し引くことが出来る」


というもののようです。「ある上限」というのは課税所得やら家族構成によって変わってくるようですが、僕の場合は多分25,000~30,000円の間だと思います。

「これを使わない手はない」というわけで、8月に入って具体的にふるさと納税を検討し始めました。

今年の所得が不確定なので、とりあえず今年は20,000円分にしようかと思い、『ふるさとチョイス』で探したのですが、妻と相談した結果、「やっぱり家族が多いし(5人)、こども達の幼稚園のお弁当もあるし、お米がいいよね」ということで、妻がいいところを見つけてくれました。

ふるさとチョイス:滋賀県犬上郡甲良町

この中のC1というコースが、なんと20,000円でお米45kg(!)をプレゼントしてくれるとのことで、早速申し込みをしなきゃ、と思って見てみると、申し込み殺到のため、お盆前(8月14日の午前10時)に申し込みを締め切るとのこと。締め切りギリギリに申し込むことができました。

しばらくして「10、11、12月に15kgずつに分けて配送します」という案内と振込用紙が届き、振込みをして待っていたのですが、とうとう昨日、10月11日に第一弾が到着しました。精米日を見ると10月10日、精米したてホヤホヤでした。


初めてのふるさと納税でしたが、大きく制度が変わらない限り、毎年やっていきたいと思います。
この大増税の流れの中で、賢く節税していかないと、本当に将来どうなるか分からないですからね・・・


関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Twitter

今までの入場者

プロフィール

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブクログ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。