スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】 両両親へのお中元を買いに、兵庫県丹波市へ

つい先日、地元に帰省していたので、手渡しでお中元を渡せばよかったのですが、忘れていたのでお中元を買いに行きました。

うちの父が日本酒を、妻の父が焼酎を飲むので、何かドライブで行ける範囲内にいいところがないかなと調べたところ、妻が西山酒造という酒蔵を見つけてくれました。

西山酒造

で、ドライブがてら家族で行ってみました。


高速道路を使っていきましたが、自宅最寄りの宝塚ICから、兵庫県丹波市の春日ICまで約一時間。

春日ICを下りたところ、「これはちょっと(田舎過ぎて)お昼ご飯食べるところを探すのに困るかもね・・・」ということで、春日ICを下りてすぐのところにあった比較的大きな「道の駅・丹波おばあちゃんの里」によって、お昼ご飯を食べました。

道の駅 丹波おばあちゃんの里

まだ12時前だったためか、中にあるフードコートもまだ込んでおらず、ゆっくり食べることができました。チキンカツカレーを食べたのですが、フードコートの端っこのスペース(あとから増築された感じのところ)は空調が効いていなかったのか、蒸し暑く、カレーは失敗だったかなーと思いました。

道の駅内の物販コーナーで目当ての西山酒造のお酒もあったのですが、「まぁ、せっかくだから西山酒造に行こうか」ということで、道の駅では何も購入しませんでした。


少し敷地内の遊具でこども達と遊んだ後、西山酒造へ向けて出発。15〜20分かかったでしょうか。

西山酒造は外から見ると営業しているのかいないのか分かりづらく、物販をしているのか? 実は通販と販売店への卸だけではないか? と思いつつ中に入ったのですが、ちゃんと物販もされていました。

民家の土間を改装したような店舗でしたが、小さな液晶テレビに酒蔵のプロモーションビデオが静かに流れる店内は、とても良い雰囲気でした。物販コーナーの隣のテーブルと椅子がある部屋で妻が送り状を書くのを見ながら、「あぁ、鎌倉投信の事務所もこんな感じのところなのかなぁ」と、ふと思いました。

田舎暮らしは市街地に暮らすの人間には想像もできないような苦労もあるのだと思いますが、業種は何にしろ、こういう職場、こういう環境でのんびり働きたいなぁというのが、私の密かな願望です。現実的には、「仕事はどうするの?」「老後は?」という避けようのない課題があるのですが・・・


酒蔵を後にし、もう少し時間があったので、京都方面に回って帰ろうということになりました。

途中「大きな道の駅があるね」ということで、「道の駅・丹波マーケス」というところによったのですが、ここはいわゆる道の駅のイメージではなく、フードコートや本屋、フィットネス、小さなゲームコーナーもあるスーパーマーケットのような感じでした。

道の駅・丹波マーケス

ここのパン屋さんで買った「冷たいクリームパン」がおいしかったです。


その後、道の駅の近くにあった丹波ICから高速道路に乗り、宝塚まで帰りました。

道中、妻が「昔、車で鳥取に旅行へ行った時(7〜8年前?)に、日本海側の風車が並んでいる通りで、アイスクリーム屋さんに入った」という話をしてきて、あぁ、そう言えばそうだったな、と、言われるまで全く思い出すこともなかったのですが、今日のような何でもない外出が、いつか、こども達が大きくなった時に「思い出したくても思い出せないこと」になっているかも知れません。


関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Twitter

今までの入場者

プロフィール

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブクログ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。