【日記】 兵庫県神崎郡:神崎農村公園ヨーデルの森

お出かけするにはいい季節なので、土日はついこども達を連れてどこかに遊びに行きたくなってしまいます。

今日は兵庫県のちょうどど真ん中辺りにある、『神崎農村公園ヨーデルの森』に行ってきました。自宅から高速を使って1時間半弱。お出かけにはちょうどいい距離です。

神崎農村公園ヨーデルの森




嫁さん曰く、何かの口コミサイトに「平日は驚くほど人が少ない」という書き込みがあったのですが、今日土曜日も、駐車場の利用状況は結構ゆとりのある感じでした。これだと確かに平日は驚くほど少ないだろうなーという感じです。

入場料は、大人¥1,000、こども¥500で、確かに「保護者一人入るだけで¥1,000かー」と思うと、なかなか家族でリピートするにはハードルが高いように感じました。両親だけで¥2,000ですからね。大人とこどもの入場料をそれぞれ¥600円と¥400円くらいにして、とにかく入場のハードルを下げれば、あとは勝手に園内で飲み食いして差額以上のお金を落としてくれると思うんですけどね・・・


入場すると、スタッフの方に促されて写真をパチリ。退場時に現像して売ってくれるそうです。チラッと値段を見てみると、こちらも¥1,000(1枚)。うーん、このデジカメ全盛で撮影と現像コストが下がっているこのご時世に、えらい強気な値段・・・

この時点で、「今日は結構な出費になりそうだな・・・」という気がしていました。まぁ、最終的にいくらかかったとかは把握していないのですが。


着いたのが11時半くらいだったので、入場してすぐの所にあった猫のふれあい体験コーナーに軽く寄った後、「先にご飯を食べてから遊ぼうか」ということになったため、飲食店を物色。バイキング、レストラン、バーベキューとあったのですが、せっかくだしと思い、バーベキューにしました。

バーベキューの食材を選んで、会計して、席を探す、という流れだったのですが、まず、肉の種類が少ないなーというのが正直なところで、鶏肉も「ブラジル産」と書いてあり、その他の肉も、ちょっと色味が悪いなぁ・・・と思いつつ牛と豚が入ったファミリーパックと、ウィンナーにしました。あと野菜と白飯です。

で、席を探したのですが、端っこ端っこに喫煙所があり、悩みました。ここだけに限らず、園内は喫煙所が結構あり、しかも通路に面しているところに設置されていたので、何度か副流煙を浴びました。これには本当にウンザリ・・・

バーベキューの味の方ですが、まぁ、肉については見た目通りの味で、こども達は美味しい美味しいと言いながら食べてはいたのですが(本当に良い子達です)、ちょいちょい固くて噛み切れずに残していました。地元に帰省した際に、ほぼ毎回、妻の実家でバーベキューをしますが、普段自分たちでバーベキューをする人に「自分たちでやる方がいいな」と思われると、ちょっと厳しいかなーと感じました。

あと、お皿が紙皿ではなく食品トレー(スーパーで肉や魚が入っているあのトレー)でしたが、これって耐熱性とか大丈夫なんでしょうか? 焼きたての肉や野菜を置いて溶けたりすると(特にこどもが口にするので)嫌だなーと思い、トレーの上に白飯を取り分け、その上に焼いた肉や野菜を置くようにしました。


昼食後はひたすらこども達に付き合いました。ざっと並べると、

・ペンギンやカピバラの餌やり体験
・池での遊び(ボート)
・鳥のパフォーマンスショー(私はこの間お腹を下していたのでトイレに・・・)
・乗馬(年齢制限のため、5歳の上の双子の子のみ。乗ったのはポニー)
・ゴーカート(2歳の下の子が年齢制限で乗馬ができなかったので、代わりに)
・二度目のペンギン餌やり体験
・犬やカンガルーとのふれあい体験

などなど。動物とのふれあい以外にも遊べるものが結構多く、

http://www.yodel-forest.jp/play/play.php

↑の中でも、双子のこども達がやった「アクアチューブ」というのが、端から見てるとすごく楽しそうでした。二人が中でハムスターのように走ろうとしてこけて、狂ったように笑いながらをそれを繰り返していましたが、双子ってこういう時に全く同じレベルでお互い遊べるので、本当に楽しそうでいいなと思いました。

動物とのふれあいについても、下の子は相変わらず子猫にも怖がるような臆病なのですが、上の子達は普段見る事のないカンガルーなどでも全然臆せず頭を撫でたりしていたので、すごいなーと思いました。下の子は私に似たんでしょうね。私は結局動物は触らずじまいでした。

下の写真は移動していた時に撮ったすごく適当な写真ですが、どういう場所にあるか雰囲気は伝わると思います。(終日微妙な天気でしたので、えらく薄暗く感じますが・・・)

fc2blog_2015091221501713a.jpg


ここまででとっくにおやつの時間を過ぎていたので、レストランに行き、おやつを食べて、最後にまだ行っていなかった羊コーナーに行って、帰る事にしました。退場時はやっぱり入場時に撮った写真を買ってしまいました。

いくつか「ここをもう少し変えてくれればなー」という点はあったのですが、こども達は大満足でした。こども達が大満足なら親も満足です。こういう場所に来ると、こども達の普段気付かない成長に気付く事ができ、本当に楽しいです。結婚して、こども達が生まれてきてくれて、元気に育ってくれていて良かったなーとしみじみ思います。


ちなみに、このヨーデルの森の「ここをもう少し変えてくれればなー」という点は、

1) 園内を完全禁煙にしてほしい。
2) バーベキューの肉類の質と種類をもう少し頑張ってほしい。
3) バーベキューの取り皿を紙皿にしてほしい。
4) 入場料をもっと安くしてほしい。
5) 記念写真をもっと安くしてほしい。

です。

1についてですが、施設の主要なターゲットは間違いなく「小さいこどもがいる家族」だと思うのですが、小さいこどもが副流煙を吸うことを嫌がる親は多いです。私も妻もそうですが、そういう親にとって「喫煙者に配慮した施設」は、ちょっと行きづらいかなと思います。

入場料や記念写真の額についてですが、こども達も大満足で、今回しなかった遊び(芝すべりとか)もいくつかあるので、また来たいなとは思うのですが、「そういや、結構出費がかさんだよな・・・」という印象だと、どうしてもリピートは及び腰になってしまいます・・・ 記念写真は入場者アンケートなどに記入すれば無料でもらえる、とすれば、施設側は客のニーズや不満が掴めつつ、客は「いいサービスだな」と感じると思います。



せっかくだから、近くで何か夕食をとるところがないかなーと思ったのですが、ヨーデルの森周辺は何もないので、福崎まで行き、『もちむぎのやかた』という製麺所もあるうどん屋さんに行きました。

もちむぎのやかた

fc2blog_20150912215101a3f.jpg

ここも入り口に喫煙所があるのはいかがなもんかなーと思いましたが、卵が入ったあんかけ麺が美味しかったです。生姜がよく効いていて、体が温まりました。

店を出た時はもう真っ暗で、店から駐車場の間に短い1~2歩分ほどの下り坂があったのですが、道の横幅の端っこまで坂がなく、横幅の端っこが段差になっており、上の双子の子の一人が道の端を歩いていたため踏み外し、急に30センチほど下に落ちてこけ、驚いて大泣きしました。

最初は「ちゃんとよく見て歩きなさい」と注意していたのですが、確かに駐車場も暗く、見えづらかったのでこれは危ないと思いました。また、よく見てみると、踏み外したところのすぐ脇に幅30センチほど、高さは1メートルほどの溝があり、もし踏み外す方向が少しずれていたら溝に落ちて大ケガしていたところでした。不幸中の幸いではありますが、これは店側も何か対策をとった方がいいと思うのですが・・・



帰宅したのは20時過ぎていたと思いますが、こども達は上の双子の子のうち一人と、下の子が帰宅するまで起きたままでした。少し前まで、特に下の子は車に乗るとすぐ熟睡していたのですが、体力が付いたんだなーと感じました。そのうち、こっちの体力がもたなくなってくるんでしょうね。こっちの体力がもたないほど遊んでくれるのも、それはそれで幸せなことだと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Twitter

今までの入場者

プロフィール

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブクログ

全記事表示リンク